子ども用の歯磨き粉は必要?

毎日の習慣にしたい子どもの歯磨き

子どもでも歯磨き粉は必要?

子どもの歯磨き粉の必要性ですが、結論から言うと小さい子どもでも必要だと言えます。
砂糖の入った食べ物や飲み物を摂取するようになったら、虫歯のリスクを考えなくてはいけないからです。

自分で歯ブラシを持って磨くことができない小さなお子さんでも、シートタイプなど使用できるものがあります。
ぜひ積極的に、親御さんが使ってあげるのが好ましいでしょう。

乳幼児のうちは上手にうがいができないし、飲み込んでしまうのが不安という方もいらっしゃると思います。
ですが、子ども用歯磨き粉は飲み込んでしまっても害がありません。

どうしても不安だという場合は、無添加のものでフッ素が入っていないものを選ぶと良いでしょう。

お子さんの成長に合わせて使うことのできる歯磨き粉がありますので、子どもの健康を保つためにも歯磨き粉を使わせていただきたいものです。

子ども任せにしない仕上げ磨き

子どもが小学校に上がるまでは、必ず親御さんが仕上げ磨きをしてあげましょう。

いくら子どもが一生懸命に歯磨きをしたとしても、必ず磨き残しがあります。
子ども任せにしたり歯磨き粉に頼りきらずに、ちゃんとチェックを入れてあげてください。

特に奥歯は上手く磨けない場所ですので、歯の隙間などもしっかりと仕上げ磨きしましょう。

仕上げ磨きの際には歯磨き粉などは使わずに、歯ブラシ磨きのみで行ってください。
磨きすぎて歯や歯茎を傷つけることのないよう、優しく汚れを取り除いてあげましょう。

この仕上げ磨きをするかしないかで、虫歯のリスクに大きく影響します。
お子さんのお口の中を健康に保つために、ぜひ親御さんが積極的に取り組んでください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る